Event is FINISHED

衛星観測ビッグデータとスパコンで観(み)る地球

Description

---------Peatixと、公式フォーム、お好きな方からお申込みいただけます---------



ポスト「京」重点課題4 第3回シンポジウム

観測衛星ビッグデータとスパコンで観(み)る地球


【はじめに】

ポスト「京」重点課題4では、豪雨や台風でもたらされる自然災害による犠牲者ゼロ社会の実現を目指し、観測ビッグデータを活用した最新の技術を使って、リードタイム(予報をしてから現象が発生するまでの時間)を長く確保するための技術研究開発を行っています。

今回のシンポジウムでは研究と深く関係する「衛星」をキーワードに、ポスト「京」重点課題4から「衛星ビッグデータ」を使った最新のシミュレーション研究の成果紹介とともに、招待講演では「ひまわり8号/9号」プロジェクトマネージャーの磯部 昌徳氏、特別講演ではフリーアナウンサー/気象予報士の田辺 希氏を交え、地球観測衛星による観測ビッグデータがどのように気象や地球環境の予測につながるのかを一貫してご紹介します。

【イベント概要】

日時:平成3031() 13001620 (1230 開場)

会場:国立科学博物館 日本館2階 講堂 (東京都台東区上野公園 7-20)

お申込み:

https://www.jamstec.go.jp/pi4/ja/event/sympo2018/form/

(参加費無料・事前登録制)

■招待講演

 ○気象衛星ひまわり8/9号の開発について

  磯部 昌徳(三菱電機 宇宙システム事業部 副事業部長)

■特別講演

 ○未来の地球と私たちの暮らし

  田辺 希(フリーアナウンサー/元NHKキャスター/気象予報士)

■講演

 ○サブ課題A:ひまわり8号と「京」が拓く新しい天気予報

  本田  匠(理化学研究所 計算科学研究機構 データ同化研究チーム)

 ○サブ課題B:衛星データと高解像度シミュレーションで見た日本近海

  黒木 聖夫(海洋研究開発機構 ビッグデータ活用予測プロジェクトチーム)

 ○サブ課題C:宇宙から見える大気汚染

  滝川 雅之(海洋研究開発機構 ビッグデータ活用予測プロジェクトチーム)

プログラム詳細は下記へ

http://www.jamstec.go.jp/pi4/ja/event/sympo2018/

問合せ先:

国立研究開発法人海洋研究開発機構 地球情報基盤センター
TEL:045-778-5753 FAX:045-778-5491
電子メール:pi4-contact@jamstec.go.jp

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#318287 2018-02-22 02:40:41
More updates
Thu Mar 1, 2018
1:00 PM - 4:20 PM JST
Add to Calendar
Venue
国立科学博物館 日本館2階 講堂
Tickets
入場 FULL
Venue Address
東京都台東区上野公園7-20 Japan
Organizer
海洋研究開発機構(JAMSTEC)地球情報基盤センター
8 Followers
Attendees
5